私の新しい気持ち


by merosingaru

睡眠と口呼吸

口で呼吸をしたり、鼻で呼吸をすることで、人間はいきていけるのですが、このコキュにより好血圧が関係するそうです。

口の中に炎症があると、体はリラックスすることができます。本来なら、睡眠中は自律神経のうち、リラックスするときに働く副交感神経が優位になり、血管の緊張が緩んで、血圧が下がるんですね。

でも、睡眠中に口呼吸をしていると、いつまでも交感神経が緊張した状態が続き、血圧の上昇を即すのです。眠りの質も低下するので、日中に眠気を起こしてしまう。

浅起きると、喉が乾燥していてヒリヒリする人、口の中が粘ついている人、いびきを書く人、睡眠中に口呼吸をしている可能性があるそうです。

こんな症状が関係し、なおかつ決勝が高い人に、睡眠中により口呼吸が関係してくち血圧が関わるそうです。

[PR]
by merosingaru | 2014-08-18 05:49